各言語の翻訳文章を strings.xml に当てはめます。strings.xml の作成支援

Android Studio strings.xml の生成

各言語への翻訳文章を strings.xml のテンプレート(プレースホルダ)へ差し込みます。
データはウェブサーバーにアップロードされません。JavaScriptのみで処理が完結していますので安心してご使用いただけます。

プレースフォルダ:元となるstrings.xmlを入力します。元の文章は入ったままで構いません。

入力欄を広げる  狭める

翻訳文章:プレースフォルダに対応する翻訳後の文章を入力します。各項目の区切りとして1行以上の空白行を入れます。

入力欄を広げる  狭める

固定項目:固定で出力したい項目を入力します。

入力欄を広げる  狭める

合成した結果

出力欄を広げる  狭める
コピー
使い方:
1. プレースフォルダ:元となるstrings.xmlを入力します。

<resources>
<string name="app_name">sample</string>
<string name="setting">Settings</string>
<string name="cancel">Cancel</string>
<string name="apply">Apply</string>
<string name="number">one\ntwo\nthree</string>
<resources>

2.翻訳文章:プレースフォルダに対応する翻訳後の文章を入力します。各項目の区切りとして1行以上の空白行を入れます。
翻訳文に含まれる「'」は「\」でエスケープされます。
空白行を項目の区切りとして判断しますが、連続行の場合は同一項目として\nで連結されます。
ロシア語を入力した例

образец

Настройки

Отмена

Применять

один
два
три


3.固定項目:固定で出力したい項目を入力します。

<string name="en">English</string>
<string name="ru">русский</string>

4.合成した結果が表示されます。

<resources>
<string name="app_name">образец</string>
<string name="setting">Настройки</string>
<string name="cancel">Отмена</string>
<string name="apply">Применять</string>
<string name="number">один\nдва\nтри</string>
<string name="en">English</string>
<string name="ru">русский</string>
<resources>
この記事は2021年5月時点のものです。
このサイトについてのお問い合わせはエーオーシステムまでお願いいたします。
ご使用上の過失の有無を問わず、本プログラムの運用において発生した損害に対するいかなる請求があったとしても、その責任を負うものではありません。
このページでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 

■ 便利ウェブサイト