QRコード(二次元バーコード)が無料で作成できます。操作は簡単。文字列を指定するだけ。
今までに作成頂いた数:71516
文字列:  ex. https://ao-system.net/qrcode/
表示倍率: 12  通常は4倍程度
エラー復元能力: L(7%)  M(15%)  Q(25%)  H(30%)  通常はH(30%)。読み取りエラー時の復元能力です。
画像タイプ: PNG  GIF  JPG  *画像タイプについての注意事項は下記参照願います
画像タイプについて:
画像タイプはPNGまたはGIFをおすすめ致します。JPEGはその圧縮形式の性質上、白黒2値ではなく、よく見るとグレーの部分も存在してしまいます。 QRコードは2値の明暗がはっきりしていなくてはなりません。
携帯電話の種類によっては、PNGの画像を扱えない物も存在します。その場合はGIFを使用して下さい。
印刷物などでJPEG画像を使用してしまうと、ぼやけた感じに印刷されてしまう可能性があります。
バーコードやQRコードはデジタルデータを表したものです。白/黒以外のグレーは存在してはいけません。
JPEGはアナログデータ(写真等)に最適化された圧縮形式です。


作成されたQRコードをお手持ちの携帯電話で読み取り確認してみてください。バーコードリーダー、バーコードスキャナ、コード読み取り等。
QRコードに埋め込むことのできるデータ量は、数字:7089文字、英数字:4296文字、バイナリ:2953バイト、漢字:1817文字 とされています。
QRコードは様々な分野で使用されています。自動車業界では、発注者情報、受注者情報、品番、数量などをQRコード化した「納品書・受領書」を自動車部品の発注・検品に利用したり、その他物流産業、サービス産業など、さまざまな分野で使用されています。
URL(http://example.com/等)をQRコードに変換されたものが一番なじみ深いことと思いますが、漢字なども埋め込むことが出来ますので、秘密のメッセージなどに応用するのも面白いと思います。

QRコードとは、1994年にデンソーの開発部門(現在は分離し、デンソーウェーブとなっています)が開発したマトリックス型二次元コードの一種です。白と黒の格子状のパターンで情報を表します。
QRはQuick Response(クイックレスポンス)に由来し、高速読み取りができるように開発されました。日本では最も普及している二次元コードと言えます。
バーコードは横方向にしか情報を持たないのに対し、QRコードは縦横に情報を持ちます。そのため、格納できる情報量が多く、数字だけでなく英字や漢字のデータも格納できます。また、推奨はされていませんが、濃淡の判別が可能な色あいであれば、色も付けた状態でも読み込む事ができます。

QRコードとは別にマイクロQRコードという物も存在します。マイクロQRコードとは、基板や電子部品など、省スペース・少量データ用途に最適な小さなQRコードです。切り出しシンボル(3つの2重四角)を1つにし、データ収容効率をさらに向上させています。
マイクロQRコードは、格納できるデータ量はそれほど多くありません。(数字で最大35文字) マイクロQRコードは、QRコードと比べると、コードサイズに対して効率よくデータを収納できるため、データ量が増えてもそれほどコードが大きくなりません。

「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。QRコードの作成や利用にはライセンスは必要ありませんが、「QRコード」の文言をホームページ等に表示する場合は、登録商標文の併記が必要となります。詳細は株式会社デンソーウェーブのホームページをご確認ください。

このサイトについてのお問い合わせはエーオーシステムまでお願いいたします。
ご使用上の過失の有無を問わず、本プログラムの運用において発生した損害に対するいかなる請求があったとしても、その責任を負うものではありません。
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
top of page