QRコード(二次元バーコード)がSVGで作成できます。文字列を指定するだけ。無料です。

QRコード作成(SVG版)

ウェブサイトコーダーやデザイナーに最適。リアルタイム生成。
ベクターデータのSVGはノイズの無い綺麗な出力。Illustratorでの最適化をお勧め。説明有り。

文字列:
エラー復元能力:
通常はH(30%)
生成されたQR:
生成されたSVG:
SVGファイル ダウンロード
SVG画像について:
PNGやJPEGなどのラスターデータではなく、SVGはベクターデータです。拡大してジャギーが出ることも圧縮でノイズが乗ることも有りません。
ウェブページ用途では、スマートフォン、タブレット、または高精細ディスプレイでも綺麗な輪郭を保ちます。
印刷物に使用する場合でもaiファイル同様そのままIllustratorで開いて扱うことができます。
拡大時の違い:
PNGを拡大処理   SVGを拡大処理
 
生成されたSVGファイルはそのままでもご使用いただけますが、より綺麗に使用する為、以下の通りIllustratorでの最適化をお勧めいたします。
Illustratorでの最適化:
1. ダウンロードしたSVG(qrcode.svg)をIllustratorで開きます。


2. 全選択します。


3. パスファインダーオプションで「余分なポイントを削除」にします。


4. 合体します。


5. 白の四角を背景に程よく引いて完成です。余白も十分確保します。


6. 印刷物で使用する場合はCMYKに変換しましょう。
余白及び背景について:
生成されるQRコードには敢えて余白(及び背景)を引いていません。
ウェブページ用途では、上記の通りIllustratorで余白(及び背景)を追加するか、画像を配置するエリアのpaddingで調整します。
印刷物の場合は上記説明の通り余白(及び背景)を付加します。
生成されたQRコードはお手持ちの携帯電話で読み取り確認をお願いします。
QRコードに埋め込むことのできるデータ量は、数字:7089文字、英数字:4296文字、バイナリ:2953バイト、漢字:1817文字 とされています。

QRコードとは、1994年にデンソーの開発部門(現在は分離し、デンソーウェーブとなっています)が開発したマトリックス型二次元コードの一種です。白と黒の格子状のパターンで情報を表します。
QRはQuick Response(クイックレスポンス)に由来し、高速読み取りができるように開発されました。日本では最も普及している二次元コードと言えます。
バーコードは横方向にしか情報を持たないのに対し、QRコードは縦横に情報を持ちます。そのため、格納できる情報量が多く、数字だけでなく英字や漢字のデータも格納できます。また、非推奨ですが、濃淡の判別が可能であれば、白黒に限らず着色して使用可能です。

「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。QRコードの作成や利用にはライセンスは必要ありませんが、「QRコード」の文言をウェブページ等に表示する場合は登録商標文の併記が必要となります。詳細は株式会社デンソーウェーブのウェブページをご確認ください。
この記事は2019年当時のものです。
このサイトについてのお問い合わせはエーオーシステムまでお願いいたします。
ご使用上の過失の有無を問わず、本プログラムの運用において発生した損害に対するいかなる請求があったとしても、その責任を負うものではありません。
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 
top of page