Excelから貼り付けるだけでHTMLテーブルを作成します。行や列の結合も再現。インデントも複数から選べます。

ExcelからHTMLテーブルタグ変換

HTMLで面倒なtable構造の作成はこれでおさらば。サーバーにアップロードされませんので機密文書にも安心。
Excel to HTML. Excel表をHTMLテーブルタグに変換します。セル結合にも対応。

Excelシートの範囲をコピーしてここへ貼り付けます:(貼り付けるだけで完成)
2021-05-01 機能追加しました。(機能追加の為、IEは非対応とさせていただきました)
貼り付け後、セルの値を変更できます。
結果のプレビュー:
(変換結果のプレビューがここに表示されます)
結果のHTMLコード:
インデント
trとtdの改行
テーブル表現
セル内改行
thやdtの使用
セル内のタグ
コピーされました
使い方:
Excelシートの範囲をコピーして、このページの貼り付けエリアへペーストします。

詳細説明:
Excelシートを範囲指定で選択し、Ctrl+C(または右クリックでコピー)します。そのままこのページの貼り付けエリアをクリックして、Ctrl+V(または右クリックで貼り付け)します。
HTMLテーブル形式に変換され、プレビューの表示とHTMLコードが表示されます。

注意:
  • ・Excelの罫線などの装飾は無視されます。
  • ・選択範囲がそのままテーブルタグになります。よってコピーする範囲は正確に決定ください。
  • ・Excel上でセルを連結していなくても、文字がはみ出して右のセルへかぶさっている場合は連結として判断される場合が有ります。その場合は列間隔を広くとってセル間の重なりを防いだ上でExcelからコピーしてください。
  • ・tableタグ、trタグ、tdタグで構成されたHTMLが生成されます。適宜theadタグやtbodyタグの追加、tdをthで記述するなど調整ください。
  • ・レスポンシブで使用する場合はtableタグではなくul,li,dl,dt,ddタグなどで利用されると便利です。その場合、セル結合の無い表をご用意ください。
実施例:
Excelシートを用意します。
範囲を選択します。
Ctrl+C または、右クリックでコピーします。
本ページの貼り付け欄をクリックして Ctrl+V または、右クリックで貼り付けします。
結果プレビューが表示されます。この時点で、貼り付け欄でテーブルのセルを書き換えたりすることが可能です。
結果のHTMLコードが得られます。インデント等を設定してコピーしてご使用ください。
Excelから貼り付けるだけでHTMLテーブルタグを生成します。行や列の結合も再現。貼り付けたデータのセル値を書き換えたり微調整が可能です。
HTMLへの変換結果のインデントは複数から選ぶことが出来ます。
データはサーバーにアップロードされることは有りません。全てローカルで処理されますので機密文書でも安心してお使いいただけます。
生成されるHTMLコードはExcelの余計な装飾を排除したプレーンな状態のtableタグです。適宜CSSを記述して体裁を整えてご使用ください。
膨大なExcelデータをHTMLに掲載する際、テーブル構造を作成するのは骨の折れる作業です。テキストエディタでの自動処理やHTMLエディタでも可能ですが、このサイトではもっと手軽に手早くお使いいただけます。
セル結合も再現されますので、Excelでそのままのイメージ(構造)を作成して貼り付けるだけ。
ウェブサイト制作やブログへの表の掲載などにお使いいただけます。
幾つかはご利用者様からのご要望により機能追加させていただきました。ご提案をありがとうございました。

(2021.05)
セル内改行で各行を<div></div>で囲む出力に対応しました。
(2021.05)
セル内改行で<br><br/><br />に対応しました。
(2021.05)
<div><ol><li>の出力に対応しました。
(2021.04)
セル内のタグ <> を&lt; &gt; ではなくそのまま出力できるようにしました。タグの整合性は検証していません。
(2021.04)
各行の最初のセルを<th>や<dt>に変換できるようにしました。セル結合では意図しない結果になる場合があります。
(2021.04)
IE非対応とさせていただきました。機能追加の為。
(2020.01)
HTMLレスポンシブ化に便利な<dl>タグまたは<ul>タグを用いた表現にも対応しました。ただしセル結合には適合しませんので、セル結合を行う場合は<table>タグをご利用ください。
この記事は2017年8月時点のものです。
このサイトについてのお問い合わせはエーオーシステムまでお願いいたします。
ご使用上の過失の有無を問わず、本プログラムの運用において発生した損害に対するいかなる請求があったとしても、その責任を負うものではありません。
このページでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 

■ 便利ウェブサイト