サンプルコード003
フォーム入力のサンプルコードです。自動的にYahooJapanへログインする機能を提供します。
あらかじめ、コード内の YAHOOID と YAHOOPW を書き変えておきます。
1.実行ボタンで処理を開始します。
2.YahooJapanをログアウトします。
3.ログインページへ移ってIDとパスワードの入力、そしてログインボタンをクリックします。
4.アドインプログラムを終了します。
.WebBrowser.Document.GetElementByIdなどの記述にはメニュー内のWebBrowserコード作成支援機能を利用すると便利です。
'CYTOLOGY2 サンプルコード003
'===================================================

Imports System

Public Class AddIn

	Private Const YAHOOID As String = "aaaaaa"	'Yahoo Japan ID
	Private Const YAHOOPW As String = "bbbbbb"	'Password
	Private tabb As TabBrowser

	Public Sub New()
	End Sub

	Public Sub AddIn_Load()
	End Sub

	Public Sub AddIn_Stop()
	End Sub

	Public Sub AddIn_Start()
		tabb = New TabBrowser()
		'ログアウトします
		tabb.Navigate("https://login.yahoo.co.jp/config/login?logout=1")
		tabb.DocumentCompletedEventAdd(AddressOf yahooLogout)
	End Sub

	Public Sub yahooLogout(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)
		tabb.DocumentCompletedEventRemove(AddressOf yahooLogout)

		'ログインフォームの表示
		tabb.Navigate("https://login.yahoo.co.jp/")
		tabb.DocumentCompletedEventAdd(AddressOf yahooLogin)
	End Sub

	Public Sub yahooLogin(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)
		tabb.DocumentCompletedEventRemove(AddressOf yahooLogin)

		'Yahoo JAPAN ID をセット
		tabb.WebBrowser.Document.GetElementById("username").SetAttribute("value",YAHOOID)
		'Yahoo JAPAN パスワードをセット
		tabb.WebBrowser.Document.GetElementById("passwd").SetAttribute("value",YAHOOPW)
		'ログインボタンをクリック
		tabb.WebBrowser.Document.GetElementById(".save").InvokeMember("click")

		tabb = Nothing
		Std.ExitAddIn()	'アドインプログラムを終了

	End Sub

End Class
 
 
 
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
便




top of page