メールソフト設定 メール(Windows10)

ご注意

Windows10付属の「メール」は、メールを受信してもサーバー内のデータは消去されない為、受信メールが溜まり続けていずれ容量オーバーになると新規メールを受け付け出来なくなります。
よって、基本的にご使用になれません。

Windows10付属ソフト「メール」の設定

スタートメニューからメールを開きます。

アカウントの追加をクリックします。

詳細設定をクリックします。

インターネットメールをクリックします。

「メールアドレス」「ユーザー名」「パスワード」を入力します。

「アカウント名」はこのソフトで表示される名称です。

「この名前を使用してメッセージを送信」は、送信先に通知される名前です。

「受信メールサーバー」を入力します。

「アカウントの種類」はPOP3を選択します。

「メールの送信(SMTP)サーバー」を入力します。

「送信サーバーには認証が必要です」はチェックします。

「送信メールに同じユーザー名とパスワードを使用する」はチェックします。

「受信メールにはSSLが必要」はチェック外します

「送信メールにはSSLが必要」はチェックします。

「サインイン」をクリックします。

証明書についての確認メッセージには「続行」をクリックします。

「完了」をクリックします。

エラーが出た場合は登録を見直してください。

間違った情報のまま何度もテストを実行すると、サーバーが攻撃とみなして接続を一定時間受け付けなくなります。よって、十分正しいことを確認してテストを実行してください。

設定の変更

設定したアカウントを確認します。

アカウントの箇所でマウス右クリックします。

「アカウント設定」をクリックします。

設定した内容が表示されます。必要に応じて書き換えます。

「メールボックスの同期設定を変更」をクリックします。

「メールボックスの詳細設定」をクリックします。

必要に応じて書き換えて「完了」をクリックします。

このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 
便利サイト☟
top of page