3Dグラフィックは表現力とコストダウンを両立する非常に強力な武器となります。3Dグラフィック使用でウェブページや印刷物の表現力を高めませんか?
aosystem
3Dグラフィックは表現力とコストダウンを両立する非常に強力な武器となります。3Dグラフィック使用でウェブページや印刷物の表現力を高めませんか?

制作事例2

360度動画

YouTubeやfacebookでも見られるようになった360度動画をCGで作成して設置しました。
動画内をマウスで上下左右に動かせば向き(見る方向)を変更できます。
右記ブラウザで動作確認いたしました: FireFox, Chrome, Opera, Edge, Safari(Mac)
右記ブラウザでは動作いたしません:IE11及びそれ以下
AndroidタブレットやiPad等では動作いたしません。
°
°
マウスでグルグル
動画の上でマウス左クリックして前後左右に動かすと向きを変更できます。

立体視動画 stereogram movie

VR元年と呼ばれた2016年。そして、2017年3月、PlayStationVRでも手持ちの立体視動画が再生可能になりましたので早速動画を作成してみました。(2017年4月4日)
PSVR
使用した3DソフトはLightWave3D(Ver.11.6.2)。 出力サイズは1440×1440ピクセル。 ステレオスコピックレンダリングで左目用と右目用を生成。半円状で生成の為円柱状180度設定。 出力した左目用と右目用画像をAdobe Premiereで横に配置(2880×1440になる)。mp4で出力。ファイル名に _180_sbs を付加して test_180_sbs.mp4 の様にする。USBメモリに入れてPS4に差す。 PS4で「Littlstar VR Cinema」アプリを起動してVRで見る。前面に立体物が浮かび上がり、首を動かすと上下左右も見える。
LightWave3D
LightWave3D
LightWave3D
完成品はこちら。
立体視動画
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
便




top of page