ExcelSheetクラス RangeBorderWeightメソッド
セル範囲の罫線太さを設定します。
使用法
Dim instance As ExcelSheet
Dim col1 As Integer	'1から始まる開始列番号
Dim row1 As Integer	'1から始まる開始行番号
Dim col2 As Integer	'1から始まる終了列番号
Dim row2 As Integer	'1から始まる終了行番号
Dim left As Integer	'範囲の左側の罫線太さ
Dim top As Integer	'範囲の上側の罫線太さ
Dim right As Integer	'範囲の右側の罫線太さ
Dim bottom As Integer	'範囲の下側の罫線太さ
Dim horizon As Integer	'範囲内の行の罫線太さ
Dim vertical As Integer	'範囲内の列の罫線太さ

instance.RangeBorderWeight(col1, row1, col2, row2, left, top, right, bottom, horizon, vertical)
罫線太さについて:
-1:現状維持 1:極細 2:通常 3:中太 4:太
実線を極細にすると点線になったり、点線を中太にすると中太の実線になるなど、意図と異なる結果になる場合が有ります。
主に実線に対して適用される事をお勧めします。
使用例
'ExcelSheetクラス RangeBorderWeightメソッド

Public Class AddIn

    Private es As ExcelSheet

    Public Sub New()
        es = New ExcelSheet()
		es.SelectSheet(1)
		es.RangeValue(2, 2, 5, 5, 100)		'A1:E5
		es.RangeBorder(2, 2, 5, 5, 1, 1, 1, 1, 3, 3)
		es.RangeBorderWeight(2, 2, 5, 5, 4, 4, 4, 4, 3, -1)
		es.Save("D:\tmp\sample2.xlsx")
		es.Dispose()
    End Sub

End Class
 
 
 
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
便




top of page