ScreenHwndクラス SendKeyメソッド
スクリーン座標値で現在のフォーカス位置または指定位置へ文字列を送信します。
使用法
'現在のフォーカス位置へ文字列を送信します
Dim instance As ScreenHwnd
Dim msg As String

'Overloads
instance.SendKey()
'Point構造体で表されるスクリーン座標値にマウスポインタを移動して、
'フォーカスを合わせる為にマウス左ボタンクリック後文字列を送信します
Dim instance As ScreenHwnd
Dim pt As System.Drawing.Point
Dim msg As String

'Overloads
instance.SendKey(pt, msg)
'x,yで表されるスクリーン座標値にマウスポインタを移動して、
'フォーカスを合わせる為にマウス左ボタンクリック後文字列を送信します
Dim instance As ScreenHwnd
Dim x As Integer
Dim y As Integer
Dim msg As String

'Overloads
instance.SendKey(x, y, msg)
Ctrlキー等との組み合わせのキーを直接出力可能です。
'+(プラス)と任意キーとの組み合わせでShift+キーを表します
"+a"	'Shift+A
"+c"	'Shift+C

'^(キャレット)と任意キーとの組み合わせでCtrl+キーを表します
"^a"	'Ctrl+A
"^c"	'Ctrl+C

'%(パーセント)と任意キーとの組み合わせでAlt+キーを表します
"%a"	'Alt+A
"%c"	'Alt+C

'~(チルダ)はEnterキーを表します
"~"		'Enter

'+、^、%、~そのものは{}でくくります
"{+}"	'+
"{^}"	'^
"{%}"	'%
"{~}"	'~
不可視キーを直接出力可能です。{}で囲みます。半角スペースに続けて数値を添えることで繰り返し数を指定できます。
"{BACKSPACE}"	'BackSpace
"{BS}"			'BackSpace
"{BS 24}"		'BackSpaceを24回 その他キーも繰り返し数値指定可能
"{BREAK}"		'Break
"{CAPSLOCK}"	'CapsLock
"{CLEAR}"		'Clear
"{DELETE}"		'Delete
"{DEL}"			'Delete
"{ESCAPE}"		'Esc
"{ESC}"			'Esc
"{END}"			'End
"{TAB}"			'Tab
"{RETURN}"		'Return
"{ENTER}"		'Enter(テンキー)
"{HELP}"		'Help
"{HOME}"		'Home
"{INSERT}"		'Ins
"{NUMLOCK}"		'NumLock
"{SCROLLLOCK}"	'ScrollLock
"{PGDN}"		'PageDown
"{PGUP}"		'PageUp
"{LEFT}"		'←
"{UP}"			'↑
"{RIGHT}"		'→
"{DOWN}"		'↓
"{F1}"			'F1~F15まで
使用例
'ScreenHwndクラス SendKeyメソッド

Imports System.Windows.Forms

Public Class AddIn

	Private shw As ScreenHwnd
	Private std As Std

	Public Sub New()
		shw = New ScreenHwnd()
		std = New Std()
		MessageBox.Show("実行ボタンでX:200 Y:300の位置に文字列を送信します。")
	End Sub

	Public Sub AddIn_Start()
		shw.SendKey(200, 300, "あういえおかきく{ENTER}")
	End Sub

End Class
 
 
 
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
便




top of page