TextLabelクラス Xプロパティ
表示するラベルのX座標をスクリーン座標値で設定または取得します。
使用法
Dim instance As TextLabel
Dim value As Integer
Dim returnValue As Integer

instance.X = value
returnValue = instance.X
使用例
'TextLabelクラス Xプロパティ

Public Class AddIn

    Private std As Std
    Private tl As TextLabel

    Public Sub New()
        std = New Std()
        tl = New TextLabel(std.Owner)
    End Sub

    Public Sub AddIn_Start()
        tl.Text = "Hello World"
        tl.Padding = New System.Windows.Forms.Padding(5, 10, 20, 30)   '左 上 右 下
        tl.X = 500
        tl.Y = 100
        tl.Show()
    End Sub

    Public Sub AddIn_Stop()
        tl.Hide()
    End Sub

End Class
'TextLabelクラス Yプロパティ

Public Class AddIn

    Private std As Std
    Private tl As TextLabel

    Public Sub New()
        std = New Std()
    End Sub

    Public Sub AddIn_Start()
        tl = New TextLabel(std.Owner)
        tl.Text = "Hello World"
        tl.Padding = New System.Windows.Forms.Padding(5, 10, 20, 30)   '左 上 右 下
        tl.X = 500
        tl.Y = 100
        tl.Show()
    End Sub

    Public Sub AddIn_Stop()
        tl.Dispose()
    End Sub

End Class
 
 
 
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
このサイトでお気付きの点がございましたら
ご連絡いただけますと幸いです。
 
Eメール(任意)
送信内容
 
便




top of page